名古屋OCDの会掲示板 688716


無題

1: :

2016/06/15 (Wed) 08:33:18

名古屋OCDの会の月例会は9年目になります。
多くの方とお目にかかりました。
『○○さんどうなさっているのかしら・・・』
『△△さん、よくなられて学校行かれているのかしら・・・』
などなど、ふと思う時があります。
出会いによって私自身かなり救われております。

ほぼ、毎回『初参加』の当事者や家族などいらっしゃいます。
以前は、医師やクリニックからお知りになって参加される方が
多かったかと思いますが、最近はHPを見て参加される方が
多いかと思います。
私がOCDの自助グループを探し、京都まで初めて行った時は、
息子の症状に切羽詰っての、入口も見えなければ、出口なんて・・・
の時でした。
私なりにかなり勇気がいった気が致します。
まず、『自助グループ』って何???から始まりました。
参考にと地元のある自助グループに行ってみました。
なんとも、異様な雰囲気。最後に皆手をつなぎ何かを唱える。
ぞ~~~っとしました。
私には、合わなかったのです。あくまでも、私にはです。
なので、京都に行くときはかなり勇気がいりました。
行ってみると、雰囲気が全然違う。暗さの中に明るさがある。
そこで、今の主治医を紹介され今に至っています。
『言いっぱなし・聞きっぱなし』のルールに初めは戸惑いましたが
徐々にルールの意味もわかり、心地よさを感じます。
息子の強迫治療により、他人の痛みがわかる人にわたしも成長させて
いただいています。
私の短所、人の顔と名前が覚えれない。私なりにかなり努力している
つもりですが、この能力、私に備わっていないようです。
これは、なかなか成長していないようです。。。すみません。。。。
2:あや :

2016/07/27 (Wed) 14:56:43

大変ご無沙汰しております。息子が高校2年でOCDになり、大阪から息子と熊本のOCDの会に参加させていただきました。
その後2度ほど名古屋のOCDの会に参加しました。
息子は高校卒業してから家を出ましたので今年で10年目になります。年に数回しか会いませんがもうすっかりおっさんです(笑)
こちらの会の皆様は大変優しく本当に気持ちが楽になり、助けていただきました。
私も、皆様どうなさっていらっしゃるだろうとふと思い出したりします。
息子は執念で目標を達し、今年大学生になりました。ピカピカのおっさん一年生です。
「夢をあきらめない」という言葉がありますが、あきらめなければ叶うこともあるんだと思いました。
まだまだ、先は長いですがスタートラインに立てたようです。
本人はしたいことが優先で、しなければならい事を後回しにしてそのまま・・・。
私は気になりながらも本人が動くまではぎりぎりまで待っていようと決めたので疲れますが、焦らない、焦らないと、心を落ち着かせています。
娘が「お兄ちゃんは7年で地上に出てくる蝉よりも長い間頑張ったね」といいます。蝉の短い命とはとは違い、息子はこれから長い、長い人生を乗り越えなくてはいけません。
ゆっくり息子の成長を見守りたと思います。



  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.